FACTORY

Sofa Factory

arneで扱っている各種ソファは、すべて大阪にある国内自社工場にて製造しています。 ご注文を頂いてから、お客様のお手元に届くまでの製造工程をご紹介いたします。

日本製

made in japan

お客様からご注文を頂いてから、大阪の自社工場にて職人が心を込めて製作。海外製品とは品質が違う安心の日本製ソファをお届けします。

高品質

high quality

全工程を熟練した職人の手で行う事により、高品質なソファを作り出します。木枠から生地に至るまで、一切妥協する事のないこだわりのソファです。

独自性

originality

デザイン開発から販売まで全て自社で行っています。オリジナルだからこそ出来る、座り心地・デザインへのこだわりには、きっとご満足頂ける自信があります。

ソファ製造工程

STEP1 / 木取り

数多くある資材の中から、各商品ごとにあった資材を選びパーツごとに切り分けていきます。(製品によっては大量のパーツを要します。)
また、資材を加工する際は指先に神経を集中しながら慎重に仕上げていく作業ですので、熟練の技を要することが多々あります。

STEP2 / 組み立て

各パーツごとに加工された木部を丁寧に組立て各製品の主な形(骨組み)に仕上げていき、品質(強度)をチェックしながら次の工程へと受け渡します。

STEP3 / 下張り

組み立てられた木部にイスの座の部分にくるバネやウェーピングといった資材などを取り付けます。

STEP4 / ウレタン張り

下張りをした物に各製品にあったウレタンを貼付けます。
イス本来の重要な形がここでほぼ決まるので、慎重かつ丁寧さを要する作業でもあります。

STEP5 / 裁断・裁縫

ここでの作業でも何種類ものパーツを裁断し縫製します。
裁断の仕方や縫い方ひとつで形が大きく変わるので、各ある作業の中でも非常にたいへんな作業工程になります。

STEP6 / 張り込み

イスを仕上げていく最終段階です。ここでの力の入れ方などでイスの形が決まってしまう為、非常に重要な部分でもあり、なおかつ商品の種類によって技を要する物も多々あります。
張り終えた商品は、再度厳しい目で検品を行い、完成です。

STEP7 / 梱包・出荷

完成したソファは、丁寧にビニールを掛け、
それぞれの大きさに適したダンボールに梱包していきます。
心を込めて作ったソファが、無事お客さまにお届けできるよう、運送会社さまにも丁寧な扱いをお願いしています。

Furniture Factory

TV台・テーブル・本棚・食器棚など様々な種類のオリジナル家具がこの工場で製造されております。細部にまでこだわった機能性とデザイン、そして低価格が実現できるのは国内工場による製造・直販だから。日々商品の開発・改良をつづけるアーネの心臓部ともいえる工場です。

自社オリジナル家具は、お客様の暮らしに安心してご使用いただけるよう心をこめて制作しております。お客様により良いお品物をお届けする為、自社工場へ、新たに木製家具製造の産業マシンを導入いたしました。

デザイン

design

アーネが自ら手掛けたオリジナルかつ、マルチに使える斬新なデザイン。

日本製

made in japan

国内自社工場による製造・直販だから高品質低価格を実現。

商品数

more product

豊富な商品数でお客様にぴったりの商品を提供

家具製造工程

STEP1 / 木取り

数多くある資材の中から、各商品ごとにあった資材を選びパーツごとに切り分けていきます。(製品によっては大量のパーツを要します。)

STEP2 / フラッシュ

家具に使用する板をフラッシュ加工していきます。フラッシュ加工を施すことにより、軽量化できるだけでなく、板の反りを防ぎ、強度も上げることが出来ます。

STEP3 / プレス

ずれが生じない様慎重にプレス機にかけ、芯材枠と表面の板を圧縮し密着させていきます。

STEP4 / 加工

新たに導入した木製家具製造の産業マシンにより、木材を加工していきます。細かい部分も図面通りにしっかりと加工が可能になり、お客様へより高品質な商品をお届けできるようになりました。

加工の様子を動画でも配信しています。(クリックで動画ページへ移動します)

STEP5 / 金具付け・検品

出来上がった家具に必要な金具付けを行い、職人により様々な角度からしっかりと検品を行っていきます。

STEP6 / クリーンアップ・梱包

完成した家具は1点1点クリーンアップし、それぞれの家具サイズに適した梱包をしています。心を込めて作った家具が、無事お客さまにお届けできるよう、運送会社さまにも丁寧な扱いをお願いしています。

家具工場内風景


PAGE
TOP